Online Store

  1. HOME
  2. ONLINE STORE
  3. 犬の靴
  4. Skitter(スキッター)/docdog/2個入り

Skitter(スキッター)/docdog/2個入り

docdog所属獣医師からのおすすめポイント

    【docdog初の自社開発商品】
    滑りにくさ・脱げにくさを追求した、表と裏に滑り止めがついた獣医師監修の犬の靴下


    • ■ 犬の靴・靴下専門店docdogが獣医師とつくった犬の靴下
    • ■ 靴下の表裏にシリコン素材の滑り止めをコーティングし、室内の滑りを防ぐ
    • ■ 足裏に加え、足の甲の部分にも滑り止めが付いているため、ボール遊びなどの激しい動きにも対応。靴下の表裏がひっくり返っても安心
    • ■ 1セット2個入りなので、前足・後ろ足それぞれにフィットしたサイズを選択可能
    • ■ 犬の骨格を考えて絞りの位置を2重設計しているため、多くの犬にとって動きを妨げにくく、脱げにくい構造(犬種や個体の特性によっては、合わないこともあります)
    • ■ 各方面で活躍するデザイナー益子悠紀氏による、太陽の色に映えるポップなデザイン
    • ■ マリンイエロー、サニーレッドの2色展開

商品の詳細情報

Skitter(スキッター)/docdog/2個入り

  • 価格

    ¥1,350(税込)

  • カラーを選ぶ

  • サイズを選ぶ

    • XS (横:~3.5cm)
    • S (横:~4.5cm)
    • M (横:~5.5cm)
  • サイズを選ぶ

    • XS (横:~3.5cm)
    • S (横:~4.5cm)
    • M (横:~5.5cm)
  • はじめての方はこちらをご覧ください

    サイズの測り方 サイズの測り方
  • 数量を選ぶ

    1セット2個入りです。
    1頭分揃える場合は2セットの購入が必要となります。

5,400円(税込)以上で送料無料

サイズが選択されていません サイズが選択されていません

注意

  • ・画面上と実物では、色味・デザイン等が若干異なって見える場合がございます。ご了承ください。
  • ・商品の性質・衛生上、返品・交換できません。商品内容・サイズをよくご確認の上、ご注文ください。
  • ・本商品は横幅と比較して足裏の縱幅が長い犬種(グレイハウンド等)にはサイズが合わない可能性がございます。グレイハウンド向けの商品はこちら

docdog所属獣医師からのおすすめポイント

    【docdog初の自社開発商品】
    滑りにくさ・脱げにくさを追求した、表と裏に滑り止めがついた獣医師監修の犬の靴下


    • ■ 犬の靴・靴下専門店docdogが獣医師とつくった犬の靴下
    • ■ 靴下の表裏にシリコン素材の滑り止めをコーティングし、室内の滑りを防ぐ
    • ■ 足裏に加え、足の甲の部分にも滑り止めが付いているため、ボール遊びなどの激しい動きにも対応。靴下の表裏がひっくり返っても安心
    • ■ 1セット2個入りなので、前足・後ろ足それぞれにフィットしたサイズを選択可能
    • ■ 犬の骨格を考えて絞りの位置を2重設計しているため、多くの犬にとって動きを妨げにくく、脱げにくい構造(犬種や個体の特性によっては、合わないこともあります)
    • ■ 各方面で活躍するデザイナー益子悠紀氏による、太陽の色に映えるポップなデザイン
    • ■ マリンイエロー、サニーレッドの2色展開

商品の詳細情報

商品をシェアする

お客様のレビュー

評価:5 足舐め防止と保湿ケアに

評価:5

投稿者:トーラス様

投稿日:2017年8月4日

犬種:フレンチブルドッグ

犬の年齢:5歳

普段から手足を舐めては赤くなり痒くなってまた舐めての繰り返し。足舐め防止に役立ってます!
肉球をケアする時、バームを塗って靴下を履かせて保湿ケアにも役立ってます!

評価:5 前足のぺろぺろ防止にも大活躍

評価:5

投稿者:nicoママ様

投稿日:2017年8月4日

犬種:フレンチブルドッグ

犬の年齢:2歳

うちの子はよく前足をぺろぺろしちゃいます。アレルギーのせいか、よく指の間が赤くなるので、いつもお薬を塗ってるんですが、お薬を塗った後にぺろぺろしても安心なように、この靴下を履かせています。
とても脱げにくいので助かります!

この商品に関するご意見・ご感想を教えてください

レビューを書く レビューを書く

獣医師が答える
「犬の靴・靴下お悩み相談」

靴・靴下の必要性 / 適性

なぜ犬に靴・靴下が必要なのですか。

夏場のアスファルトや雪道の上、ラフな地面を歩く必要があるとき等は、愛犬が肉球を火傷したり怪我したりする危険性が高まるため、犬の靴の着用が必要な場面があるものと考えています。
さらに海や川・プールなどのレジャーにおいては、水分を含んでふやけた肉球が傷つきやすく、貝殻や釣り針・ゴミ等による怪我をする危険性も高まります。
また、お出かけや散歩時には足元の汚れを防ぎ、散歩後の洗う・拭く・乾かすといった面倒でかつ愛犬の肉球にとってダメージとなりうるケアを減らし、飼い主さん・愛犬の負担を軽減することも靴をオススメする理由のひとつです。
さらに屋内では、犬の靴下の着用を推奨しています。犬の靴下には滑り止めがついているため、フローリングなどの滑りやすい床で愛犬がスリップしてしまうのを防ぐほか、怪我をした部位の舐め防止としても役立ちます。高齢になると犬の肉球は乾燥しやすくなり、筋力も弱まるため、滑りやすくなってしまう可能性が高まることから、高齢犬のサポートにも犬の靴下をオススメしております。
詳しくは『犬の靴をすすめる理由』でもご紹介しておりますので、是非ご覧ください。

靴・靴下を履かせてみたいのですが、うちのコが履けるか心配です。犬によって向き・不向きはありますか。

商品のご購入を検討する前に、向き不向きを確認するために『愛犬と靴の相性チェック』で愛犬と靴の相性を確認いただくことが可能です。
チェックの結果、前向きにトライできそうでしたら、愛犬の足を握る練習から徐々にお試しください。詳しくは『愛犬が靴を楽しく履くために』で慣らし方などをご紹介しておりますので、是非ご覧ください。
また、初めて靴を履くときは、違和感のある歩き方になったり、立ち止まってしまう等の戸惑う様子を見せるコもいますが、徐々に慣れてくると、大半のコがいつものように遊んだり走り回ったりできるようになります。ご安心ください。

選び方 / サイズ

サイズはどのように選べばいいですか。

愛犬の足に合うサイズを選んでいただけるよう、サイズの測り方マニュアルや商品ごとにサイズ表をご用意しております。まずは『サイズの測り方マニュアル』をご覧いただき、愛犬の肉球の横幅・縦幅を測定してください。商品によってサイズ表記が異なるため、測定いただいた愛犬の足の大きさに合わせて、商品ごとにサイズをお選びください。

使い方/履かせ方

初めてでも靴・靴下を上手に履かせることができますか。

愛犬同様、飼い主の方にも少しだけ練習が必要ですが、慣れればすぐに履かせられるようになります。
靴を履かせる際に注意していただきたいことは、サイト内の 『愛犬が靴・靴下を楽しく履くために』 または 商品をお届けする際に同封する「取扱説明書」でご確認ください。

靴・靴下は長時間 履かせたままでも大丈夫ですか。

肉球には汗腺があるため、靴を長時間される場合は、ムレることがあります。また、長時間の使用で足が擦れると、皮膚炎の原因にもなります。そのため、長時間にわたって靴を履かせることは推奨しておりません。お散歩から帰ってきたら、脱がせてあげましょう。

犬の靴・靴下はどうやって洗えばいいですか。

手洗い または ネットに入れて洗濯機で洗ってください。商品によって洗濯方法が異なりますので、詳しくはONLINE STOREの各商品ページ「洗濯方法・ご使用上の注意はこちら」をご確認ください。

飼い主・愛犬への
はじめて安心サポート

docdogは独自のメソッドを動物行動学の専門家と共同開発しました。初めての方はぜひ一度ご覧ください。

靴の慣らし方マニュアル

靴の履かせ方マニュアル

サイズの測り方

  • 足を地面につけ体重をかけた状態で、横幅の最も広い部分を測りましょう※商品によっては縦幅(爪先から肉球まで)測定も必要です
  • 前足・後ろ足をそれぞれ測ってください